簡単には治せない包茎問題|専門クリニックで包茎手術を受ける

ストレスによる不全症

医薬品

多くの人が抱くEDのイメージは、「加齢によって引き起こされる症状」というものでしょう。年齢が高くなると、生活習慣からくる動脈硬化などの影響で、陰茎に流れる血液量が減少してしまい、EDになりやすくなってしまいます。また、加齢によって男性ホルモンが減少することも、EDの症状が起こりやすい原因となるのです。しかし、こうした肉体の衰えによる影響のほか、精神的な負担によってもEDは引き起こされることがあるのです。精神的な問題が原因のEDは、別名「心因性ED」と呼ばれます。緊張や不安による精神的な負荷のほか、毎日の仕事やプライベートでのストレスが原因となり、この心因性EDになることがあるのです。心因性のEDは年齢に関わらず発症するのが特徴。若い20代の男性が発症することもあるので、EDは決して年齢の高い人だけの病とは限らないのです。特にこの心因性EDを発症しやすい年代は30代、40代の男性です。

30代から40代の男性は、社会的立場からの負担が強くなる年代であるため、職場の業務に関する負担から強いストレスを抱えてしまい、こうした心因性EDになってしまうことがあります。また、30代や40代になると子供を早く作らなければならないというプレッシャーも強まる時期なので、パートナーからのプレッシャーによってEDになる場合もあるのです。さらに、20代以降の男性は男性ホルモン量が下がってしまうことも問題となります。男性ホルモンは男性の精神バランスを保つ効果もあります。男性ホルモンが減少すると、男性機能自体が下がるだけではなく、精神バランスの不均衡によりストレスや更年期障害による精神的な負担も現れるようになるため、EDによる症状が起こりやすいのです。